樹脂設計トップ>【2. 成形品設計手順】

【2. 成形品設計手順】

成形品はアイディアを具体化する第一歩である。何に使われるか、いつ、どこで、どんな人が、
どういう取扱いをするかといったように、要求される機能に対して適切な樹脂を選択し、
成形性・金型構造・経済性などを考慮してどのような形状で、どの位の肉厚で良いかを
決定するのが成形品設計の基本である。

成形品の設計をするには、まず初めに消費者、生産者、および市場の立場から立体的な検討を加え、
機能的な設計、適正材料の選定、生産性の難易、コストなどをそれぞれ専門技術者と相談して、
工業デザイン的にアイディアを企画する。





見やすい版の「樹脂設計便覧」は下記をどうぞ!
樹脂設計便覧

Designed by CSS.Design Sample